駒田かすみ ~母として人として~
視察報告~シェア金沢について


7月11日に、金沢市にあるシェア金沢に視察に行かせて頂きました。
シェア金沢は、学生から高齢者までが一つのコミュニティを共有して支え合って暮らす形で運営されている『街』で、こちらは基本的に視察と言っても自分達自身での見学という形でした。
デイサービスと温浴施設・食堂の建物で概略をお聞きしてから、実際に『街』の中を見て歩きました。
サービス付高齢者住宅と学生向け住宅、児童入所施設が違和感なくあるだけでなく、補い合って支えあえる形になっているのは、コンパクトシティの未来形を見ているように感じました。
売店などでは、学生だけでなく高齢者住宅に入居されている方もボランティアとして働いておられ、生き甲斐を保ち続けながら悠々自適の生活を楽しんでいらっしゃる様子が伺えますし、産前・産後ケアもあることで街全体が命に優しいように思いました。
これを姫路で…というのはなかなか難しいかもしれませんが、支え合うコミュニティの形として、非常に参考になりますし、街の再開発などの際には是非このような形でできれば理想的だと思います。