議会のペーパーレス化に向けて

今日の午前中は、議員を対象としたタブレットの研修会でした。
姫路市議会では、この5月の任期の開始と同時に、タブレットを用いての会議システムの導入とペーパーレス化に向けた準備が始まりました。6月議会の開会前には全議員にiPad Pro(12.9インチ)が貸与され、現在はこれまでの各種通知をFAXからタブレットに切り替えという形でスタートしています。

とはいえ、私自身はタブレット、約3年前から自分自身で政務活動として活用していて、そのツールの幅が広がった形なので基本操作は無問題ですし、これまで議会活動の中で自分の資料はほぼ6年分をOneDriveに保管しているので、新たにSideBooksという個人レイヤーツールを使えるようにさえなればバッチリという状況。
で、デジタルガジェット大好き人間としては、渡されたら徹底的に弄ってみる性分なので、既に説明の大半は『使ってみたことがある機能』でした。ただ、やっぱり全体での画面共有等、今まで自分一人で資料を確認していただけでは使わない機能もあって、非常に有意義な研修だったと思います。

姫路市議会の中で、第3回定例会は一応『紙との併用』という形で運用となり、その後、状況確認や検証を経て、最終的に2020年度にはペーパーレスに移行という形になるのですが、今日の様子を見ると順調に進みそうですね。
できれば、Dropboxだけでなく、OneDriveもSideBooks内の本棚に登録できれば最高なんですけどね(^-^)

関連記事

  1. 2期目スタートの委員会等

  2. 姫路市自然保護審議会

  3. 本会議で質問しました

  4. 本会議質問~(仮称)姫レポについて

  5. 視察報告~草津未来研究所について

  6. 議会のタブレット化