鳥取市との姉妹都市親善交歓会

11月11日〜12日にかけて、姫路市と鳥取市との姉妹都市親善交歓会で鳥取市へ。
姫路駅を10時22分発のスーパーはくとで出発して12時前に鳥取駅に到着。昼食後に、砂の美術館へ。
砂の美術館では毎年、4月〜1月が展示期間で、冬の間に展示テーマに合わせて砂像が製作されていて、今年の展示は南アジアでした。ちょっとビックリしたのが、砂像の写真を撮影しようとすると、iPhoneのカメラが顔として認証する点。すごく精巧に作られているのだと感心しました。

その後、新たにできた砂丘ビジターセンターで、砂丘の状況等について詳しく教えていただき、砂丘に登っていく途中で雨がパラパラと。おかげで砂丘から虹を見ることができました。

建て替えで新しくなった鳥取市役所では公共施設マネジメントの取り組みについて意見交換会が行われ、議場見学も。各自の席には採決システムも組み込まれていて、やはり新しい建物らしさを実感しました。

12日はまず、因幡万葉歴史館へ。
こちらでは大伴家持にゆかりのある万葉集の世界や、日本で初めて火葬された伊福吉部足比売(いふきべのとこたりひめ)についての資料等、万葉時代の要所であった因幡の歴史について学べるだけでなく、万葉衣装を着ることができるのですが、時間の都合上ゆっくりと見ることができなかったので、是非個人的にもう一度行きたいと思いました。

1

2

関連記事

  1. 視察報告~安城市・議会ICT化の取り組み

  2. 信号機設置!はりま勝原駅南

  3. 視察報告~さいたま市・小水力発電

  4. 姫路市自然保護審議会

  5. 視察報告~足立区・老朽化家屋等の適正管理施策

  6. 市長への平成29年度予算要望