災害時のトイレ問題

ラッセホールで開催された『災害時の廃棄物処理 関係者の備えと連携』(主催:兵庫県環境整備事業協同組合・全国環境連東海近畿地区協議会 後援:兵庫県・兵庫県市長会・兵庫県町村会)に参加してきました。

災害発生時に、誰でも『避難所』や『水と食料』等の必要性はすぐに認識するものの、実際には水や食料よりも先に必須となる『トイレ』の問題について、非常にわかりやすく解説していただきました。

実際に関連死にもつながる排泄問題は今後、各自治体でも取り組むべき喫緊の課題としてしっかり認識しなければならないですし、緊急時に見落としがちな視点としてまずは各家庭での状況を確認する必要がありますね。

関連記事

  1. 日本遺産議連

  2. 研修報告【全国地方議会サミット2019】