駒田かすみ ~母として人として~
美山サイクルグリーンツアー2013(目的編&前日編)


昨年に引き続き、今年も美山サイクルグリーンツアー(8月3日・4日)に参加しました!


というわけで、今年の目的は…

1.12月に姫路でも予定をしているウィーラースクールジャパン(子どもの為の自転車教室)の主催のブラッキー中島さんに会う!
 これは、常日頃から私が言っている『命を守るためにきちんとした自転車教育を』という趣旨に賛同してくださった、姫路駅前広場活用協議会の方の「自転車で走って楽しいまちづくり」スタートアップ事業の一環で、姫路で初めてウィーラースクールを実施することになったため、ブラッキーさんと詳細な打ち合わせをするためにも、先ずは顔合わせが第一歩。実際、メッセージは何度もやり取りをしているのですが、やっぱりきちんとお会いしたい、というのが一番です。

2.昨年との違いやパワーアップ面を見たい!
 昨年は130kmでしたが、今年はチェックポイントが1ヶ所増えて140kmになったという事で、どういう面が違っているのか、地域の方の昨年の評判はどうだったのか、そしてリピーターがどれぐらいいるのか等、昨年との違いをきちんと把握したいと思いました。

3.今年こそ完走したい!
 もう、これは根本的に参加する理由で…というか、前回は1ヶ所回りきれずタイムアップだったため、今回こそリベンジ!という気持ちは当然ありました。

4.子どもたちとの思い出づくり!
 高校生の長男や大学生の長女とは、これから先、一緒に出掛けたり旅行に行ったりする機会ってどんどん減ってくると思うと、やっぱり一緒に何かを頑張ったという思い出は作っておきたいし、折角、共通の趣味として楽しめる部分は大切にしたいです。

5.町の方のおもてなしの様子を見ておきたい!
 姫路でも世界遺産姫路城マラソンの実現がいよいよ近づいてきています。その中で、美山サイクルグリーンツアーは『エージェントを入れない手作りの』イベントとして、美山町の方がおもてなしの心で実行されている…そんな様子をきちんと見ておけば、姫路でフルマラソンが開催されるときに必ず参考になる部分はあるはず!という気持ちで見てこようと思いました。

まず、昨年と違ったのは、宿!
 昨年は550人の参加とのことでしたが、今年はナント800人。美山町の宿泊施設、どこもいっぱいでした。昨年はなかったのですが、今年は追加で長谷運動公園のオートキャンプ場を通常より時間延長して、8月4日の夕方6時まで使用可能という形でサイトを借りることができました。また、女性だけの相部屋プランもあったりと、できるだけ参加しやすい形になるよう、工夫して頂いたので助かりました。

会場のレイアウトも、なるべく人が通りやすい形で、サイクルスタンドもできるだけ沢山の自転車(基本的にロードバイクが多いので、スタンドがついていない)がかけられるように設置されていたり、受付等もわかりやすく変更されており、スムーズにメイン会場の中を行き来することができるようになっていました。

そして、我が家の昨年からの教訓は…『4日の朝食は買っていく』というこの1点(笑)

昨年は何かあるだろうと思っていたら、朝食に食べられるものを売っている場所がなく、エイドステーションまでおなかをすかせて走った(笑)という苦い思い出があるため、今回は道の駅で地元のパンを買って持参。朝から空腹で自転車に乗るなんて、やっぱり嫌ですからね(^^;)