駒田かすみ ~母として人として~
視察報告~砂川市・スイートロード


砂川市のスイート・ロードは『お菓子屋さんでの町おこし』ですが、『お菓子屋さんが並んでいる商店街がある』という訳ではありませんでした。(実は、私も施策の名前を見た時に、商店街にお菓子屋さんが固まっているのかと勝手に想像していました。)

古くから地元で頑張っておられるお菓子屋さんが沢山あって、そこを中心に街を盛り上げて行こうというのは、他の市町村でもよくある手法だと思いますが、砂川市のお菓子屋さんは『自分たちで頑張ってきた』という矜持を元に、行政と『一緒になって』ではなく、『自分たちのやり方で』お菓子を盛り上げるという姿勢を『市がバックアップする』という形でした。

スイーツ・フェスタ等も開催されて子どもたちが自分たちの力でお菓子を作ることの喜びを知って…という連鎖も見逃しがたい効果でした。

視察に行くたびに思うのは、『行政側のお仕着せ』よりも、『自力で頑張っている方たちを行政がフォローしていく』形の方が、まちづくりには有効なのではないか…という事ですね。