メッセージ

真のバリアフリー社会の実現を目指して~多様性を大切にする姫路へ!

 皆様の中で『バリアフリー』というと、段差の解消やエレベーターの設置など
『ハード面』を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

私自身、子育てをしながら働いている際に、
女性が働く事に対して社会通念に基づく『何気ない会話』に感じる
『当たり前意識』の重圧や負担を
『障壁(バリア)』と感じていたことがありました。

子ども達が独立していく世代になりましたが、
全ての人が『心理的なバリア』から解放され、
誰もが『人として』大切にされる『多様性を認め合える』社会を実現するために、
これからも『母として』取り組んで参りたいと思います。