駒田かすみ ~母として人として~
小中学生のヘルメット考

昨年の12月に『自転車の安全妨げるドカヘル 多感な中学生への逆教育』とする疋田智氏のコラムを読まれた方は多いのではないでしょうか?まだ読んだことがない、とか、どんな内容?と思われる方は、こちらから一度読んでみてください!

このブログは、この1月~3月にかけて活動してきた中でのまとめとしてUPしています。
FBでの書き込みは1月11日、1月12日、1月13日、1月16日、1月17日、1月31日など、そして佐倉市議の高木だいすけさんとの対談(動画)もあります。

私自身は、自分が自転車に乗るときにはヘルメット被ってますし(当然)、子ども達も被るように言っていますが高校生以上になったらママチャリでは流石に抵抗有るようで、ロードバイクの時には必ず…ぐらいです。

…が、
小学生以下は『法律で着用が義務づけられています』し、中学生だって自転車通学の場合や部活動で移動がある場合には学校の指導上、当然被っていかなければなりません。でも、皆さんの周りの子どもさん達、『ちゃんと』被ってます?

ヘルメットって『被ってさえいれば』良いものではないですよね?
頭を守ることを考えたら、きちんと頭に合ったものを、しっかりと固定して被らないと役に立ちません。

そこで、小中学校『推奨』のヘルメットを見直してみました。
ここで何故『推奨』というかと言いますと、実は小学校では『このヘルメットを被りなさい』という『指定』ではなく、『自転車に乗るときにはヘルメットを被ってくださいね。学校が推奨するのはこちらです』という言い方で、よく言えば保護者が自由に選べるのですが、学校側としては『推奨』という言葉で何かあったときの責任についてお茶を濁している面もあるからです。ですので、これを読んで『子どもには安全なヘルメットを被らせたい』という方は、是非自分自身できちんと子どもの頭にフィットする軽いヘルメットを用意されることをお奨めします

姫路市内では一部(私が確認した中では香寺町のみ)を除いて、ハードシェル型…つまり疋田氏的な呼び方では『ドカヘル』でした。と言うわけで、この『ドカヘル』タイプの学校『推奨』ヘルメットの何が問題か、考えてみましょう!

重さ…600g超えているものが多いです!小学校一年生でほとんどの方が新しく購入するランドセルは重すぎないように…と考えるんですけど、ヘルメットってランドセルより上、子どもの細い首で支えなくちゃいけないんですけど、この重量!因みに過去販売された中で一番軽いランドセルが680gとか…(^^ゞ
この重量を頭に乗せて、自転車に乗り慣れない小学校入ったばかりの子どもが支えきれずフラフラしてるのを見たことありませんか?

サイズ…推奨ヘルメットはほとんどの場合SMLの3サイズ。学校によっては、サイズ展開すらされていないところもあります。で、選びようが無いのでとりあえず一番合いそうなものを被ります…が大抵はブカブカです。
ここで問題になるのは、フィットしていないヘルメットを被っていた場合にどんな事が予想できるか…?
 その1 ヘルメットがずり落ちてきて、前が見えないため転倒に繋がる
 その2 走ってる間に脱げる(被ってる意味ないですね)
 その3 転倒時にヘルメットがクッションの役割を果たさずに、ヘルメット自体の重さで落下速度が上がり、ヘルメット内部で頭を打つ
因みに、フィットしていないヘルメットを被って事故に遭った場合の頭部損傷は、1.96倍という論文もあります。これなら、被らない方がマシかも!?

サイズ的な問題の比較については『学校推奨ヘルメット編』『通常使用しているロードバイク用』でご覧下さい。

ベンチレーション…いわゆる空気穴は当然ありません。なので、夏場になると暑いです!しかも頭って、人間の中で一番血管が集まっている場所ですよね?ここが冷えないと、あっという間に熱中症に!空気が通り抜けずに蒸れる環境って、わざわざ作る必要ないですよね?

カッコ悪い…のは、ヘルメットという機能上、ある程度は仕方ないところですが、上記のように被っていること自体が苦痛だったら余計に『被りたくない』し、被っているのは『カッコ悪い』という発想に繋がってしまいますよね。

実は、ドカヘルタイプのヘルメットって、安い以外にメリットって少ないんじゃない?と思われた方…安い、ですか?
香寺町で小中学生が被っているヘルメットは、実は『ソフトシェルタイプ』…つまり、スポーツ用のヘルメットと同じタイプ(勿論、学童用なのでスポーティーな形ではないですが)の物です。そして、町内で調べたところ、今でもドカヘルタイプも『一応』は置いてあるそうで2200円ですが、ほとんどの場合に選ばれる『軽くて、空気穴があって、サイズ調整用のアジャスタがある』ソフトシェルタイプの値段は2300円。100円しか違わないので、『今更昔のタイプは誰も買わない』とのこと。

小中学校時代に『ヘルメットを被ることでイヤな思いをした』から、後々も『被りたくない』に繋がらないように変えていく必要があると思っています。

視察報告~下関市・ちゃいるどねっとと幼稚園3歳児保育

2月9日は下関市の『ちゃいるどねっと』と幼稚園の『3歳児保育』について。

こちらのちゃいるどねっとは、児童館での催しやママさんサークル同市での交流など、普段子育てをしている中で自分の知っている範囲以外での『横連携』を行政が行っているという珍しい事例でした。私自身が子どもが生まれてから雑誌で、近所のママさんサークルを見つけて入会し、情報交換していく中で非常に助かったという経験がある中で、サークル内での情報交換は珍しくないものの、サークルも子どもの年齢が大きくなるにつれて解散してしまったり…という事が多々あることから、どのような形でとりまとめを行っているのか、というのは非常に興味深い点でした。

実際には、サークルだけでなく個人参加も可能という事で、サークルを『卒業』してからも参加されている方がおられたり、年に何度か交流の場を設けたりするなかで代替わりしても参加できる緩い体制というのが非常にフレキシブルに作用していることを実感しました。また、サークルごとの活動がカレンダー化されていて、他のところでも興味があれば行きやすい形になっているのも素敵でした。
ちゃいるどねっとカレンダーはこちらから

子育てでは、ママさんサークルが社会の中で担っている役割は意外と大きいと思いますが、自主運営のサークル内だけでなく、行政とタイアップすることで得られる安心感などは姫路でもぜひ取り入れていきたいと思います。

もう一つの幼稚園での3歳児保育ですが、姫路市でも4月から実施園が2園になるという事で、実際のところどのような運営をされているのかをお聞きしてみました。すると、3歳児を受け入れされているのは基本的に保育園(または認定子ども園)で3歳児の保育が満たせない地域での受け入れ緩和措置的な役割が大きいとのこと。姫路市で幼児教育を主体とした形で3歳児保育を…という趣旨とは少し違っていたように感じました。

視察報告~久留米市・保育士支援センター

2月8日~9日には、子育て支援対策特別委員会として久留米市・下関市に視察に行きました。

今回の視察に関しては、子育て支援対策特別委員会の委員長として、姫路市でも他の市町村と同様に保育士不足の解消策や、子育て中の保護者の横の連携、幼稚園での3歳児保育などの問題について、ヒントを得たいということで実施しました。

8日の久留米市では、保育士支援センターという形で潜在保育士の再就職支援や、現場の保育士の就業上の悩みなどの支援に取り組んでおられるとの事でした。その保育士支援センター、他の市町村と大きく違うのは、市役所の一部署として設置されているという点。姫路市でも潜在保育士の再就職支援として、研修会等は行われているのですが、常設という形ではないため、実際の効果はどれぐらいか、というのが一番興味深い点でした。

求職者登録をされている方の就職率は高いようでしたが、求人登録をされている保育所などではまだまだ人材不足との事、更に正規での就業希望者と非正規の募集などマッチングが難しい面などは、ハローワーク等とも同様なようでした。ただ、潜在保育士の把握については、県の登録情報が参照できる状況ではないが、今後、国の方針によって開示される可能性もあると言う事で、期待をされているようでした。これは姫路でも同様ですが、実際に保育現場で働きたいと思われる保育士さんなのか、資格を持っているだけで保育現場での就業を希望されていないのか、という面でアプローチが難しいという問題も残っており、大きな課題だと思われました。

また、久留米市さんの『悩み』は、30分圏内に福岡や北九州などの『都市圏』があることで、保育士さんの『流出』という問題があるとのこと。これは姫路でも神戸や大阪などの大都市圏に近いという点と共通するもので、国の基準による格差について手当して頂かないと…という面かと思いました。今後の国の動向には十分注意が必要だと思います。

美山サイクルグリーンツアー2015

今年も当然、参加して参りました『美山サイクルグリーンツアー』
京都府南丹市で4年前から始まった『美山自転車の聖地プロジェクト』と『地域振興』や『交流』など、様々な面を持つ、道路の交通制限を設けない『サイクリングイベント』です。

私はちょうどスタートした初年度から、長女・長男や自転車仲間と一緒に参加して来ましたが、昨年、参加していた南丹市長が一列で走っていたにも関わらず、追い抜きをかけてきた自動二輪車に追突されて負傷するという事故が発生してしまった事を受け、今年度はコースの見直しや安全対策の強化が行われていました。
今回のコースは、昨年までの140kmから125kmに短縮され、東側の2箇所のチェックポイント(以下CP)が無くなったかわりに、新たに今までのコースの付近に4箇所のCPが設定されると同時にエイドステーション(以下AS)と兼用だったCPはAS又はCPだけに独立という形になっていました。

スタート時のライダーズミーティングでも、昨年の事故の教訓から、安全対策やマナーの向上面や、自動車・自動二輪とのshare the Roadの意識の徹底などに時間が割かれ、二度と事故を起こさない、という決意が感じられました。特に今年は過去最高の参加者数とのことで、運営スタッフの方も昨年以上に細やかに巡回等をしてくださっていました。

ライダーズミーティングを聞きながらスタートゲートへ


我が家は…と言うと、昨年までは長女・長男・私の3人でしたが、今年は夏休み入ると同時に『弱虫ペダル』にはまった次女(末っ子)が、10日前になって『参加したい!』と言いだして大慌て(^^;; …と言うのは、申込みは5月には終了していて、7月後半以降での参加申込みは本来無理でした。ところが、ちょうど『参加したい!』と言いだした直後、体調不良で参加できなくなった友人が『誰か代走できませんか?』という書き込みをしていて、運良く代走が間に合ったので、子ども達3人揃っての参加に!エキちゃん、本当にありがとう!末っ子は当然、ロードバイクは無いので私のクロスバイクに。
しか~し!参加できることになっても、弱虫ペダルからの参戦なので、当然スポーツサイクルなんて乗ったことがない末っ子がいきなり乗るのは無理なので、とりあえず1回だけでも…と45km程走ってみる練習をしておいて、当日になりました。

スタート前に家族で相談していたのは、とりあえず速度帯と目的(私と長男は完走、長女と末っ子はAS巡りでできれば完走)で、2組に。北から反時計回りで最初の鶴ヶ岡ASと洞CPまでは一緒なので、そこまで走って行く内に『ひょっとして、末っ子も完走できるかも!?』という程度に走れることが分かりました。

鶴ヶ岡ASの鹿コロッケ


鶴ヶ岡ASの冷や奴


鶴ヶ岡ASおにぎり


大野ASシフォンケーキ


大野ASスイカ


私と長男は、洞のCPから山森CP、鶴ヶ岡ASを経て、大野AS、川谷CP、大野ダムCPとクリアして行くルートを選択、長女と末っ子は一度鶴ヶ岡ASに戻って限定のケーキを食べてから山森CPルートということで、何度かすれ違うことに。大野ダムから肱谷CPに向かう途中に会った時にも、ほぼ30分(10km)ぐらい後を走ってきているような感じでした。
今回、新しくできた肱谷CPから萱野CPの間は、地図で軽く見ていた時には気が付かなかったのですが『林道ルート』で10%超の箇所が!景色も良いし、木陰だけど、脚は…(T_T)な箇所でした。

肱谷・萱野間の林道頂上から


萱野CPをクリアして宮島ASで休憩して原CPへ!ちょうど原から出発しようとした時、東側から時計回りに走ってきたHTCのきたっちさん・まつさん・シュナパパさんがCPに現れ、途中の分かれ道までHTCジャージ5名のトレインに(*^-^*)
そこから深見峠CPまで長~いヒルクライムを経て、平屋ASに着いたのが12時頃。この時点でスタートから5時間、82kmだったので、残り3時間半で43kmはそれ程困難では無いと、そこからかなりのんびり走行に。知井ASを経て、河内谷CPへ行ってみると案外楽だったのでそのまま田歌CPへ。田歌からの帰りに長女&末っ子ペアとすれ違い、元気に楽しんでいるのを確認して、もう一度知井ASへ寄って補給して、最後の知見CPに着いたのが14:15頃。知見から下ってきていると、登ってくる長女&末っ子と再度出会って、声を掛けると『後り知見と河内谷』とのことで、CP締め切りまでギリギリ間に合うか間に合わないか…というぐらいでした。

気持ちいい美山の風景


最終的にゴールは15:00ジャストでしたが、去年より距離が短くなったのに遅くなったのは、やっぱり39℃とか40℃という気温のせいもあったんでしょうね。…で、ふと見てみると末っ子から『パンクした!』とLineが入ってました。長女からはその後、知井ASに入ったとの事だったので、心配しつつもASにいれば何とかなるかな?と待っていると、15:40過ぎにちょっとゴール制限タイムを超えているものの無事に2人揃って帰ってきました。長女はギリギリで間に合ってフル完走、末っ子はASでパンク修理をして貰っていて河内谷CPに行けずに後一歩…でした。
このあと1箇所が修理して貰っていたASから片道1.7kmで、自転車で走れば5分もかからない所だったので、悔しがることしきり(^^;)でしたが、クロスバイク2回目・フラットペダルといういわば特大ハンデをモノともせずに『ほぼ完走』で、HTCの仲間や知人には『来年は楽々フル完走やな』とあきれられるやら褒められるやら(笑)

完走証を手にゴール


今まで、個人的に自転車イベントの開催の視察という面もあって参加して来ましたが、今後は夏の家族旅行も兼ねて(?)子ども達全員と参加という形になりそうですね!

マンガ市政報告~自転車安全教育にこだわる理由

私が自転車の安全教育(特に子ども達)にこだわる理由はこれまでにもはじまりのはじまりで書いてきたのですが、長い!という訳で、マンガにしてみました。

長女が中学生の時、同級生が自転車の事故で亡くなりました。その1か月ほど後、今度は小学校卒業間近の長男が車との接触事故!幸い、前歯が1本折れただけでしたが、長男は『(自転車のルールなんて)習ってへんもん!』
それから、子ども達にルールやマナーを口うるさく言う毎日でしたが、自分の子どもだけでいいの?という思いで見てみると、子どもたちのルールの無知さやその危険性に目が行くように…。右側通行、併進、無灯火、携帯を触りながら、音楽を聴きながら…毎日のように『この子達、大丈夫なのかな?』と考えるようになりました。
そんな時、今度は自転車の高校生と歩行者の事故で、5000万円の賠償判決と言うニュースを知り、自転車での事故は『被害者』になるだけでなく、『加害者』にもなりえる事を知っておかないと…とも考えるように。
『子どもたちを加害者にも被害者にもさせない為に』…そう思ったからこそ、『母として』自分の子どもたち、自分の子どもたちを取り巻く子どもたちが『命』を大切にするために、できることから始めよう!それには、『人として』自転車を取り巻く、ルールやマナーを含めた環境を整備して、事故を減らしたい!そんな思いで、訴え続けて始まったのが、市立高校を始めとする自転車安全運転講習。平成27年度には中学校へも拡大します。

マンガ市政報告~こんな相談もワンストップなら・・・

役所への届け出って、分かりにくいですよね。
例えば引っ越ししたら転居届、子どもが学校に通っていたら転校もあるし、ただでさえ水道や電気・ガスの手続きもいるし、電話もあればその他も手続きが山のよう。
それでも、嬉しい手続きなら良いけれど、そんな事ばかりじゃない…そんな事例で相談頂いたのが『離婚手続き』

子育て中のお母さんが離婚しようとするとただでさえエネルギーがいるのに、市役所に来たら「この手続きは○○で、こちらの手続きは●●」とあっちこっち奔走して、結局▲▲がいるので…と別の日になってしまったという話を聞いた友人は、母子手当がもらえないかも?と、不安がいっぱいでした。
国民健康保険や母子手当、医療費の助成だけでなく、改姓の手続きも含めて市役所で話を聞いて相談させて頂いて、心と書類の準備をした友人はスッキリした顔で手続きに!
今回の離婚相談のような内容では【ワンストップ】での手続きが重要な事が判明!
他の内容についても、不安に思って抱えてないで、相談をしていただくことで『こうした方が良いんじゃない?』という市民目線での改革に繋げていけたら、と思います。

マンガ市政報告~学童保育を延長して!

働く保護者にとって、保育園や学童保育は頼もしい味方。私も働いている時にはお世話になっていました。
これはそんな時の実体験から、子育て支援対策特別委員会委員でその必要性を訴えさせて頂いた時の話。

当時、広畑で17時までの勤務終了後、着替えて下の子ども達を迎えに行って車で30分、どんなに急いでも17時45分~17時55分ぐらいでした。でも、ちょっと電話がかかってきたり、渋滞していたら…当然ギリギリです。 そんな中、18時に間に合わなかったことも数回。17時58分頃になると携帯に指導員さんから『今どこですか?18時までに来て貰わないと困るんです!』と矢のような催促の中、18時5分頃に到着すると、子どもは校門前でランドセル背負って立たされて待っていて、指導員さんから叱られ…。多分同じような方は沢山だったのでしょうね。 職場の病院でも、口を揃えたかのように『学童に間に合わないから、子どもが小学生になる時には仕事辞めないと…』という状況。
働く保護者の実情をきちんと説明をさせて頂く中で、学童保育の19時までの延長がモデル校を中心に広がってきました。子育てしやすい社会の為に保護者世代の声をきちんと届ける必要性を感じています。

本会議質問~エアタオル導入したい!

本会議質問のマンガ市政報告。次の項目は、
2.公共施設における感染予防策のあり方について
 (1)現状での感染対策状況と予防指導について
 (2)エアータオル等の導入による感染予防について



最近はお買い物に行ってトイレにエアータオルが設置してあるところ、多いですよね。市役所には、実は無いんです。…で、調べてみたら、ごく一部の施設にはあるんですが、設置基準はないんです。
ハンカチを持っていればいいんですが、正しい手洗い(手のひら・甲・指先・指の間・親指・手首を石鹸でゴシゴシして、しっかりと流水すすぎまで)をして、清潔で乾いたハンカチで拭かないと、実はハンカチで雑菌やウィルスを培養して、洗った手にもう一度…という怖ろしいパターンに。
なので、正しい手洗いの周知と同時に、しっかりと手から水分(雑菌やウィルスを増やすための養分)をなくすことでできる感染予防として、使い捨てのペーパータオルが一番なんですが、エコでないし、コストもかかるので、エアータオルの設置は一つの方法。
赤ちゃん連れのお母さんがオムツ交換の後に手を洗う時を考えたら、赤ちゃんを抱っこしてカバンからハンカチを出すのは至難の業ですからね。

長女の成人式

今年は長女の成人式でした。
生まれた時は極小未熟児でしたが、すっかり大きく(身長は、私に似て大きくはないですが…)なって、成人式を迎えました。
とりあえず人並みには…ということで、振袖はレンタルで(^^;;
当日は友人達と約束しているとの事だったので、前撮りの日に実家へも行ってきました。

こうやって見ると、20年は早いものですね!

4コマ市政報告!路上駐輪場編

沢山の方から、文字ばっかりの市政報告は分かりにくい…というお声を頂いていましたので、4コママンガで分かりやすく『こんな活動をして、こんな風になりました』というご報告を始めました。
まずはこの12月1日から『本格運用』となった、姫路駅周辺の路上駐輪場について。
こちらは、子どもが小さかった頃、駅前の地下駐輪場に自転車を置いて買い物に行って困った…というのがスタートでした。
初めて本会議で質問を行った時には、『路上に駐輪場なんて…』という声の方が大きかったのですが、実際に利用する立場として提案をさせていただき、2度の社会実験を経て、現在の路上駐輪場に繋がっています。