お問い合わせ返答

先週の金曜日、事務所のFAXに写真のようなお問い合わせをいただいておりました。
内容としては、広瀬南公園と、田半上公園について。これらの公園に関しては、基本的に地域の公園愛護会が管理をされていますので、日曜日のウォーキングの際にご一緒した方や、姫路市の公園緑地課でこれまでの状況や経緯について伺って来ました。
返事はいりません、とのことでお名前等も書かれていませんでしたが、きちんとお返事をさせて頂いた方が良いものと判断して、こちらで返信させて頂きます。
まず、広瀬南公園ですが、数年前に公園内でボール遊びのボールがあたって怪我をした子が救急搬送された事例があり、当時の自治会長さんから公園でのボール遊び全面禁止の申し入れがあったそうです。(こちらが「近隣の家にボールが当たるのと危ないので、野球は禁止」と書かれている以前の看板だと思われます。)
しかしながら、なかなか徹底されず、ボール遊びをする子どもが続出したこと等から、他市の事例等を研究した上で自治会とも相談し、公園内でのケガにつながらないようにボール遊びの種類をある程度限定した上で分かりやすく掲示をする形になった、とのことでした。また、フェンス高についても、現在の高さは十分あり、市内の公園の基準上、これ以上高くすることはできないとのことです。
以上のことから、今回の看板については、地元自治会と姫路市とでしっかりと検討した上で設置されたものと思われますし、子どもや近隣のお家の方の安全性を考える上で、必要なものだと思いますので、私の方でこの看板について、変更等をお願いすることは考えておりません。
田半上公園については、グラウンドの土質の関係上、水はけが悪くすぐに轍ができてしまうことから、次に使用する方のためにもブラシで均しておくことが必須だそうです。
自治会の総会で看板を外して欲しいと申し出をされたとありますが、公園の管理を実際に行なっている自治会で賛同を得られなかったとのことで、姫路市として管理をお任せしている以上、地元の判断に従う他ないとのことです。
また、私見ですが、自転車の練習等は、凹凸のある土のグラウンドよりも、ある程度平坦なアスファルトの方が、実はバランスがとりやすい為、そちらが選択されている可能性もあります。
いずれにせよ、今回頂いたFAXに関して、私の方で経緯や状況等を確認した結果、ご希望に沿うことはできませんので、悪しからずご了承くださいませ。

関連記事

  1. 朝の街頭活動【10/5】

  2. 平成29年度予算編成に対する要望

  3. 朝の街頭活動【7/6】

  4. 月曜朝の街頭活動【12/18】

  5. 朝の街頭活動【5/25】

  6. 第93回連合西部中央メーデー

PAGE TOP