駒田かすみ ~母として人として~
初めての委員長~建設委員長就任


6月の定例会(本会議)は、冒頭に議長・副議長選挙から始まって、最終日に新たな委員会組織となって締めくくられます。
そして、初委員会で委員長・副委員長を選任し、最終週には各委員会で事業概要説明が行われます。

1期目の最終年度は常任委員会として建設委員会、特別委員会として姫路駅周辺整備特別委員会に所属することとなりました。
また、建設委員会では初めて委員長を務めさせて頂くことに!
これまで2年目に文教委員会副委員長、3年目には子育て支援対策特別委員会副委員長をさせて頂いていましたが、委員長と副委員長では責任の重さも、裁量も、そして委員会をまとめるために要求される内容も、全然違う、というのが実感です。

建設委員会では無事に事業概要説明の初日を終え、2日目の現地視察で、大的析水苑(大塩処理場)の建設現場(処理拡大の為の増築中)を見学しました。

実際に稼働している下水処理の沈澱池(第1・第2系)の横で建設中の第3系の沈澱池を見ると、構造がよく分かり、どのような運用になるのかが容易に想像できるので、とても有意義な現地視察となりました。現在は機械設備・電気設備の工事中とのことで、10月から供用開始になると、雨水処理にも余裕ができるので安心が広がります。

現地視察から戻って、行政視察についての調整を行っていく上でも、委員の方が参加できる日程の中で、有意義な内容とできるように、という観点から視察先を選ばせて頂く為に、副委員長と協力して進めています。
委員長の職責に恥じないように頑張って参りますので、皆様よろしくご指導下さいませ!