駒田かすみ ~母として人として~
視察報告~下関市・ちゃいるどねっとと幼稚園3歳児保育

2月9日は下関市の『ちゃいるどねっと』と幼稚園の『3歳児保育』について。

こちらのちゃいるどねっとは、児童館での催しやママさんサークル同市での交流など、普段子育てをしている中で自分の知っている範囲以外での『横連携』を行政が行っているという珍しい事例でした。私自身が子どもが生まれてから雑誌で、近所のママさんサークルを見つけて入会し、情報交換していく中で非常に助かったという経験がある中で、サークル内での情報交換は珍しくないものの、サークルも子どもの年齢が大きくなるにつれて解散してしまったり…という事が多々あることから、どのような形でとりまとめを行っているのか、というのは非常に興味深い点でした。

実際には、サークルだけでなく個人参加も可能という事で、サークルを『卒業』してからも参加されている方がおられたり、年に何度か交流の場を設けたりするなかで代替わりしても参加できる緩い体制というのが非常にフレキシブルに作用していることを実感しました。また、サークルごとの活動がカレンダー化されていて、他のところでも興味があれば行きやすい形になっているのも素敵でした。
ちゃいるどねっとカレンダーはこちらから

子育てでは、ママさんサークルが社会の中で担っている役割は意外と大きいと思いますが、自主運営のサークル内だけでなく、行政とタイアップすることで得られる安心感などは姫路でもぜひ取り入れていきたいと思います。

もう一つの幼稚園での3歳児保育ですが、姫路市でも4月から実施園が2園になるという事で、実際のところどのような運営をされているのかをお聞きしてみました。すると、3歳児を受け入れされているのは基本的に保育園(または認定子ども園)で3歳児の保育が満たせない地域での受け入れ緩和措置的な役割が大きいとのこと。姫路市で幼児教育を主体とした形で3歳児保育を…という趣旨とは少し違っていたように感じました。

視察報告~久留米市・保育士支援センター

2月8日~9日には、子育て支援対策特別委員会として久留米市・下関市に視察に行きました。

今回の視察に関しては、子育て支援対策特別委員会の委員長として、姫路市でも他の市町村と同様に保育士不足の解消策や、子育て中の保護者の横の連携、幼稚園での3歳児保育などの問題について、ヒントを得たいということで実施しました。

8日の久留米市では、保育士支援センターという形で潜在保育士の再就職支援や、現場の保育士の就業上の悩みなどの支援に取り組んでおられるとの事でした。その保育士支援センター、他の市町村と大きく違うのは、市役所の一部署として設置されているという点。姫路市でも潜在保育士の再就職支援として、研修会等は行われているのですが、常設という形ではないため、実際の効果はどれぐらいか、というのが一番興味深い点でした。

求職者登録をされている方の就職率は高いようでしたが、求人登録をされている保育所などではまだまだ人材不足との事、更に正規での就業希望者と非正規の募集などマッチングが難しい面などは、ハローワーク等とも同様なようでした。ただ、潜在保育士の把握については、県の登録情報が参照できる状況ではないが、今後、国の方針によって開示される可能性もあると言う事で、期待をされているようでした。これは姫路でも同様ですが、実際に保育現場で働きたいと思われる保育士さんなのか、資格を持っているだけで保育現場での就業を希望されていないのか、という面でアプローチが難しいという問題も残っており、大きな課題だと思われました。

また、久留米市さんの『悩み』は、30分圏内に福岡や北九州などの『都市圏』があることで、保育士さんの『流出』という問題があるとのこと。これは姫路でも神戸や大阪などの大都市圏に近いという点と共通するもので、国の基準による格差について手当して頂かないと…という面かと思いました。今後の国の動向には十分注意が必要だと思います。

民主党男女共同参画担当者会議・研修会

11月12日に民主党全国男女共同参画担当者会議・研修会が開催されました。
今回の男女共同参画担当者会議は本来、来春の統一地方選挙に向けて、男女共同参画推進本部の活動や、政策面について会議を行う…というのが予定でした。
が、急遽この直前に『衆議院解散』の情報が飛び交い、男女共同参画会議の冒頭に海江田代表の挨拶があるという事で、民主党本部の会場は取材のマスコミでいっぱいの状態。各県連代表者として参加している女性議員や新人女性候補予定者は面喰らいつつスタートしました。その間にも、各級議員の携帯は、それぞれの県連からの電話が…。当然、私の所にも11区姫路総支部からの連絡が入りましたが、県連の代表として話を聞いて帰らなければならないため、帰姫は終了後になります。

内容はすっかり衆議院の解散総選挙に向けての対策などになってくるのは仕方ないのですが、研修会・講演会は続行です。そのために全国から集合したわけですから。まぁ、もともと統一地方選に向けた女性議員としての取組や活動事例報告など、本来の研修内容に衆議院選挙がプラスされたような感じでした。

そして、今回の研修会の一番の目玉(?)は『フィンランドの「ネウボラ」制度など、子ども・男女共同参画政策について』ということで、フィンランドで実際に行われている子育てや男女共同参画などの制度の状況の詳細をお聞きすることでした。フィンランドやスウェーデンなどの北欧諸国は非常に税負担率が高い代わりに社会福祉制度が充実している事は、中学校や高校の社会科などでも習う事ですが、実際の状況については『知らない』のが現状ではないでしょうか?

そんな中、ネウボラとは?という疑問から、講演会はスタート。
フィンランドは世界中で最初に『女性の参政権(選挙権・被選挙権)』が同時に認められた国で、まさに父親と母親が等しく子育てに参加し、政治に参加し、社会にかかわっているという『男女平等意識』が根付いた国。その中で政策的な支援だけでなく、実際に子育て中の父親が、父親休暇を取得しても給与の70~75%を支払われるという状況であり、仕事でも家庭でも『男女の役割』が決まっていないとのこと。ジェンダー意識にとらわれずに、できる事をできる方がやる方が良いという合理的な考え方で家庭生活が行われているため父親が『手伝う』という感覚がないというのは、驚きと共に羨ましくもあり…(手伝うというのは『主体』が別の人で、自分のやるべき事として認識されていないから出る言葉、ということが徹底されているとのこと)
そのフィンランドでネウボラ(出産子育て支援センター)として、妊娠から小学校入学までを『同じ担当保健師』によるファミリー全体のトータルサポートが行われるというのは、非常にすごい事だと思いました。子どもだけでなく、母親・父親・兄弟姉妹などを含めて家族全員の心身の健康をサポートし、そのデータを50年間保存するということは、家族の歩み全体を行政が支援しているということに他ならないと思います。そして、その中で医療的な面、家族全体の発達保障、生活に至るまで細かく支援してもらえるというのは羨ましい限りです。しかも、出産時には母親手当として育児パッケージという『育児に必要な物のセット』(又は140ユーロ)をもらえるとのこと。所得制限も設けられず、ネウボラもしくは医療機関での妊婦健診を受ける事が受給条件とのことで、子どもが生まれる事を国全体が喜ばしい事として支援していることがよく分かります。これによって妊産婦と乳幼児の死亡率が低下し、出生率が上がるのは当然の事。
こういった心遣いや子どもを支援する風潮は、今の日本には…『保育書が近くにできるとうるさい』という考えの方もいらっしゃる現状では、少し難しい面もあるのかもしれません。

しかしながら、若い世代には『ジェンダー意識』による男性の子育てや家事への抵抗感も減ってきているのも事実です。今後の日本を、そして姫路市内を考える時、本当に子育てしやすい環境をどうやって作っていくか、『子ども・子育て新制度』への転換を通して、もう一度検討する必要が大きいと考える講演会でした。

その後は新宿駅西口にて『男女共同参画本部』主催での『女性議員(もしくは予定候補者)』による街頭宣伝活動も。
こちらでは、私からは姫路市での放課後児童クラブ(学童保育)の時間延長に関しての必要性と、その取組について訴えさせて頂き、『学童保育の延長が、ひいては地域医療の充実に繋がっている』という現状をお伝えさせて頂きました。

今後も、女性議員として『働く女性のニーズ』をきちんと伝えていく為に、頑張って参ります!

国際ZONTAエリアミーティングパネリスト参加

5月31日に国際ZONTA26地区エリア4エリアミーティングが開かれ、姫路ゾンタクラブの会員として、ワークショップで男女共同参画におけるパネリストを務めました。
国際ZONTAは国際的な奉仕団体で、独自のプログラムの活動の他、国連経済社会理事会(ECOSOC)の「総顧問」の資格を持ち、女性の社会的・経済的・政治的地位の向上をめざして活動しています。そのZONTAクラブの中で、日本を4つのエリアに区分しての総会・研修会という形で行われるエリアミーティングは、日本の女性リーダーとしてのあり方を考える場でもあり、今回のエリアミーティングのテーマは『女性の活躍で未来を拓く』として、3名のパネリストが現在に至るまでの背景や社会的な要因、女性が自分の意思決定の場に到達するための障害やその克服に当たっての知恵や努力・工夫について発表し、それによってどのように社会や企業の活力に繋がっているかを参加者と共に議論を行うものでした。
パネルディスカッションの中では、『育児に際しての経験』や『家庭内での自立』を通して、女性が自らの能力を高め、男女が共に支えあえる活力ある社会を作るために何が必要かを語り合いました。

私からは、育児の場での自立を促す教育の重要性や、社会的な『立場』における心理的な『バリア』の問題、固定的性別役割分担意識(ジェンダー)からの脱却に必要な意識付けなどについて話をさせて頂くとともに、保育問題や高齢者の介護問題などの視点からも、女性が働くことに対するバリア(障壁)を取り除く必要性や、その為に女性自身の意識変革が求められていることをお話させて頂きました。
エリアミーティングでは、ジェンダー・ギャップ指数において、日本は136カ国中105位という非常に女性の社会を取り巻く環境、特に経済面・政治面での男女格差が大きい状況について、危機感を持っているだけでなく、先進国とし非常に遅れている面について、ZONTAクラブの持つ役割についても検討されました。
男女共同参画の中でも、経済的・政治的分野での女性リーダーが少ないという現状において、その数少ない『女性の議員』として、今後も頑張って参りますので、よろしくお願い申し上げます。

視察報告~金沢市・男女共同参画都市宣言~

4月15日は金沢市の男女共同参画都市宣言について。
金沢市は、平成3年には『金沢市男女共同参画社会づくり懇話会』を設置され、平成13年には議員提案で『男女共同参画推進条例』を策定されるなど、非常に男女共同参画については昔から取り組まれており、そんな中で昨年12月に『男女共同参画都市宣言』が議決され、この3月に『金沢市男女共同参画都市宣言記念式典・フォーラム』が行われるなど、まさに先進地です。

この視察研修の冒頭には、条例策定に当たって尽力をされた女性議員さんや、都市宣言にまで漕ぎ着けた女性議員の皆様にもご挨拶頂き、非常にパワーを頂きました。

中でも、女性活躍促進会議という形で『管理者側と働く女性側の意見の違いを理解する為の意識啓発』が行われたり、様々な形での『支援者の養成』に重点を置かれたりと、なかなか他都市とは違った視点からのアプローチや、多くの施策を展開されていても『市民意識はそれほど高くないので、気運を盛り上げる積極的な施策展開の必要性』を感じておられるなど、非常に『客観的な』 状況分析と、『攻めの施策』への意欲が感じられました。

制度として『ある』だけでなく、制度を『きちんと活用する』ことで、男女共同参画を進めることの重要性を認識すると共に、金澤の女性議員の皆様のような積極的な活動をしていくことの重要性を認識し、我が身を振り返って反省でした。

視察報告~羽咋市・男女共同参画社会推進~

4月14日には姫路市議会の女性議員を中心とした、『男女共同参画』に関しての条例を進めたいと考える議員有志で、羽咋市の『男女が共に輝ける21世紀のまちづくり条例』について視察研修に行かせて頂きました。

羽咋市では、平成12年という早期から条例化を含めて推進してこられ、その事例が『よくわかる自治体の男女共同参画政策』という学陽書房の書籍にも紹介されており、実際の状況などをお聞きすることで姫路市の状況と照らし合わせて考える事ができるという事で、お話しを伺いました。

策定は、当時の市長の熱意によるものが大きかったものの、当時の詳細については既に12年以上も前の話であり、記録が残っていない部分もあるとのことでしたが、啓発に関しては手作りの紙芝居の上映(ここからインターネット上で見ることもできます)や、条例によって審議会等の人数についても男女比率に関して制限が設けられていたり、アンケートによる意識調査が義務づけられていることから、じわじわと・・・という部分も存在しているそうで、やはり『条例』という部分の重要性を痛感しました。

そんな羽咋市の条例作りまでの経緯に驚いたのは、『市長の熱意』によって1年足らずで条例策定がなされたという事実。反対に、所管が市長部局と教育委員会を行ったり来たりしているのは、当時の市長から、新しい市長に交替する度に変更がされているという事。やはりトップダウンでの体制は難しいと感じました。

羽咋市では、男女共同参画社会作りに関しての視察研修の後、担当の方から市内の『名所』についてご案内頂きました。『千里浜なぎさドライブウェイ』や宇宙科学館『コスモアイル羽咋』など、他の自治体には珍しく『アソビゴコロ』のある名所を市の職員の方が誇りを持ってご案内頂けるというのは、とても素敵なことだと思います。

視察報告~日本女性会議

10月11日~12日にかけて、市議会の女性議員有志で日本女性会議(阿南市)に参加しました。
どうも電車やバスのアクセス、乗り継ぎ等を考えると結構ややこしいし、参加者は私を含めて3名ということで、車で乗り合わせて行けば便利、と私の軽四で出発。ところが、この日は台風の影響でものすごい強風(^^;) ハンドル取られて結構怖かったです。

阿南市のメイン会場に到着すると、そこからは各分科会の会場への送迎バスへ。
送迎バスに乗ってさらに10分で第二分科会(防災)の会場である阿南工業高等専門学校に到着。
防災の分科会は、まず『阿南市の防災の現状』と『学生から見た阿南市の防災について』の話を伺い、その後にグループに分かれて、男女共同参画の場面から見た防災や女性防災リーダーの育成についてのグループ討議が行われました。
このグループ討議、各グループごとに司会進行役と書記を自分たちで選ぶという所からスタートしました。私が参加したグループでは、会場内で一番年齢が若い、という理由で(笑)何故か司会進行役に。それぞれ一人2分ずつ、防災についての考え方や男女共同参画の取り組みについて話をした後に、お互いの取り組みに関しての質疑を行って意見をまとめるという形になりました。
この時、女性で防災士の資格を取得された方が2名おられ、その経緯や取得後の活動などに注目が集まるとともに、資格に関わらず各地域で『普段から』実施されている防災訓練や、その時に自分たちが女性の視点で必要なことなどを取りまとめることができました。同様の取り組みの中に、防災手帳と言う考え方があることも、要援護者の支援だけではなく一般の方にも必要な内容が含まれており、非常に参考になりました。

2日目は全体会でした。オープニングでは子どもたちが男女共同参画の重要性をミュージカルで表現してくれていました。
午前中の講演会の内容的に、食育。と言いながら、家庭での食の在り方と、ジェンダーフリーの考え方、そして家庭の会話の在り方など、様々な視点でのお話でした。その際に、我が家で子ども達に食事の準備の手伝いをさせていることは間違いではなかったのだと、妙に自信を持ってみたり…。
シンポジウムで残念だったのは、音響。持ち時間の都合か、パネラーの方が非常に早口で話をされているのですが、なかなか聞き取りにくく、きちんと聞き取れない状態が多くありました。また、パソコンで口述筆記をされていたのですが、そちらも内容が入れ替わってしまっているような所もあり、持ち時間でのパネラーの話し方についてもう少し打ち合わせをしておいた方が分かりやすかったのに、という感じでした。(これは、他山の石として、自分が話をするときに気を付けないと…と痛感しました。)

全体としては、折角内容がいいものなのに、細かいところで準備が…という感じが否めなかったのですが、阿南市と言う町での男女共同参画に対する意気込みを感じられた日本女性会議でした。

*余談ですが、この前日に国際ゾンタ26地区大会も開会し、そちらも参加させて頂きました。なんと、内閣府男女共同参画局長の佐村知子氏の日程が同様に、国際ゾンタ26地区大会~日本女性会議という流れだったことを、ゾンタ会員としてちょっと誇りに思ったのでした。